神奈川県立平塚中等教育学校|学習活動|



 ☆県立平塚中等教育学校は、2009年に開校した神奈川県初の公立中高一貫教育校です。

〒254-0074 神奈川県平塚市大原1-13
TEL(0463)34-0320 
FAX(0463)34-3866

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

6年間の一貫した教育課程や学習環境の中で、
多彩で豊かな教育内容の展開を通じ、
個性や創造性の伸長を図ります。


 ☆「基礎・観察期」(1.2年)「充実・発見期」(3.4年)「発展・伸長期」(5.6年)の3期に分けた教育活動LinkIcon
 ☆6年間を見通した充実した教科指導(中等教育学校に適用される特例の活用)LinkIcon
 ☆「表現コミュニケーション力」「科学・論理的思考力」「社会生活実践力」の3つの力の育成・伸長

 ☆45分7校時を基本とします。
 ☆前期課程では、国語・数学・英語を基本的に毎日学習し、基礎を確実に身につけていきます。
 ☆後期は単位制です。特に5・6年では、各自の進路・興味関心に応じる選択科目が増えます。
 ☆「かながわ次世代教養」では、伝統文化・歴史、地球環境LinkIcon英語コミュニケーションLinkIcon、IT活用の
  4分野を学びます。
 ☆6年間を見通したキャリア学習を行います。LinkIcon
 ☆平塚中等生の活躍LinkIcon

2014/2/28 2年生国語科講演会  
「君は『最後の晩餐』を知っているか」

講師:布施英利先生

 いつもは教科書の向こう側にいる著者が、学校にやってきました。先生のお仕事は“批評家”。芸術から様々なものを読み取り、文章にするお仕事です。
 前半は、「ダ・ヴィンチを旅する」と題して、レオナルド・ダ・ヴィンチの足跡を辿り、ルーブルに残された三枚の絵につながっていくことを、時に笑いも交えながらお話いただきました。
 後半は、「ダ・ヴィンチの絵画の科学」についてのお話でした。教科書が、さらにパワーアップした内容で、驚きの連続です。
 「本物に触れてほしい。」と先生はおっしゃっていましたが、中等生にとっては、先生との出会いこそが、「本物に触れる」第一歩でした。

教科書会社・光村図書のHPへLinkIcon

fuse.jpg布施英利先生講演会

2013/12/10 5年次生が生物の授業で
「遺伝子組み換え実験」を行いました。

  • 大腸菌の遺伝子組み換えを行いました。のべ6日間かかります。
  • 本来、大腸菌が持っていない遺伝子(蛍光を発する、オワンクラゲのDNAから切り取ったもの)を導入します。
  • この実験により、大腸菌はブラックライト(紫外線)をあてると緑色に発光することがわかります。

(1)実験4日前、培養プレートを作成
(2)実験前日、プレートに大腸菌をまく。
  37℃の定温器に24時間以上保存
(3)当日、大腸菌の塩化カルシウム処理
(4)プラスミドを添加
(5)42℃のお湯と氷に交互に入れる。ヒートショックを与える
(6)大腸菌を培養プレートに植え付ける
(7)大腸菌を培養37℃の定温器に翌日まで入れる
(8)紫外線を照射して発光を観察する

gene.jpg遺伝子組換え実験

2012年度 生徒受賞作品の一部をご紹介します
【国語科】水道に関する作品コンクール 中学生作文の部 最優秀賞 LinkIcon神奈川県のHPへ
【国語科】かながわ新聞感想文コンクール 中学1年生の部 努力賞 LinkIcon神奈川新聞社のHPへ
【理科(生物)】木原記念こども科学賞 中学校の部 努力賞 3年 高橋文哉「イナダ(ブリ)の解剖とイカの比較」
【理科(地学)】地球にわくわく小・中学生自由研究コンテスト(NPO法人地学オリンピック日本委員会) 
    中学生部門 優秀賞 3年 窪園真輝「琵琶湖の水質調査」・西山愛理「葛川~水質調査~」
【社会科】株式学習ゲーム感想文・小論文コンクール(日本証券業協会) 感想文・高校生の部 優秀賞 4年 芝崎綾佳